韓国 天気 気候 服装

韓国の天気

韓国は地理的には中緯度の温暖性気候帯に位置し、日本と同様に春・夏・秋・冬の四季がはっきりしています。ただ日本と違い冬と夏の差が大きく全般に乾燥しています。

 

冬には寒冷乾燥した大陸性高気圧の影響を受け寒くて乾燥が激しい一方、夏には高温多湿の北太平洋高気圧の影響で、雨が多かったり蒸し暑い日が続きます。

 

春と秋には、移動性高気圧の影響で、乾燥した晴れの日が多いのが特徴で、この時期がベストシーズンといわんがばかりに韓国旅行に出かける方も多い模様です。

 

韓国では3月上旬までは、セーターとコートやダウンジャケットの重ね着が必要なくらい寒く、4月くらいから春の暖かさが徐々に増してきます。黄砂やフェーン現象がみられるのも、この季節です。4月の朝夕は冷えることもあるので薄手の上着が必要です。

 

6月から9月初旬までの夏場は高温が続き、にわか雨も多くなります。6月下旬から7月にかけては日本と同じく梅雨の季節なので、傘が必須です。夏は日本と比べて湿気が低いものの、暑い日が続きます。半袖シャツ1枚で過ごせますが、室内の冷房対策のに薄手の上着があると便利です。

 

9月から10月の秋は昼夜の気温差が激しく、長雨や台風の影響を受けやすい季節です。
9月から10月にかけて夜はかなり冷え込むことがあるので、少し厚めの服を持参しましょう。

 

そしてシベリアからの寒波がやってくる11月から3月中旬までは厳しい寒さが続きます。特にソウルの1月は氷点下以下になる日も多く、厚手のセーターとコートやダウンジャケットに、マフラーや手袋、帽子と防寒対策をしっかする必要があります。


韓国 週間天気予報

>>お手持ちのスマートフォンが韓国でも格安パケ放題<<

↓8月31日出発分まで1日670円で4G対応↓

>>韓国WiFiレンタルランキング<<



韓国国内のATMで韓国ウォンで引出OK! ショッピングにも使えます! クレジットカードではないので使い過ぎのなし! 外貨両替不要の海外プリカ! 入会金無料! 年会費無料! 10万ポイントプレゼント中

韓国の天気関連ページ

韓国とは
お隣韓国に行く前に今一度韓国について知っておきましょうね。
韓国の魅力
韓国と言えばお隣の国。しかも近年は近場の海外旅行場所として人気です。旅行雑誌エイビーロードでの調査結果では4年連続で韓国への渡航者がトップとか。理由は観光ビザが不要であることと、食べ物がおいしいこと、コスメが充実している
南大門市場
ソウル南大門市場は韓国のみなぎるパワーを感じさせるエネルギッシュな市場です。
ソウル 明洞
ソウルの真ん中にある、韓国国内最大の繁華街でブティックやレストラン、コスメ店などがここに集まっています
明洞 地図
ソウル明洞のガイドマップ、ショッピングやお土産にマッサージエステにネイルからチムジルバン
釜山 観光
釜山は「最も近い外国」の港町です。海上から眺めると陸地の小山が鉄の釜に見えたことが「釜山」の地名の由来
済州島 観光 おすすめ
韓国でも最大級のリゾート地として成長しています。 カジノやゴルフ、乗馬や射撃などのあらゆる娯楽が気軽に楽しめるのもこの島の魅力でしょう。
ソウル 地下鉄マップ
韓国ソウルの日本語地下鉄マップです。漢南や明洞に東大門市場に南大門市場と地下鉄を乗継ソウル観光を堪能してみては。
慶州
韓国おすすめ観光慶州,現在でも、奈良の法隆寺や飛鳥寺の原型になった皇龍寺跡を始め、韓国の三国(高句麗・百済・新羅)時代関連に由来する数多くの史跡が残っています。
晋州
晋州を知る人はかなりの韓国通と言えるでしょう。統一新羅時代は菁州と呼ばれ、757年に康州、高麗時代に晋州と今の地名になりました